• ホーム
  • レビトラジェネリックに偽物横行の理由

レビトラジェネリックに偽物横行の理由

2019年05月24日
笑顔の老人

レビトラはバイアグラの次に誕生したED治療薬です。
ドイツのバイエル薬品で開発されました。
他のED治療薬と違う点は、バルデナフィルを含有している点です。
これは水に溶けやすい性質があり、効き目促進が期待できます。
際立った食事制限はなく、適正な医師の診断を受ければ糖尿病を患っている人も服用可能です。
日本では2004年の4月から10mgが、2007年7月から20mgが製造販売が許可されました。
さて、このレビトラにはバリフという正規のジェネリック薬品が発売されています。
同じ効能で、安く購入可能という点からレビトラジェネリックを選択する人も増えています。
しかし、ジェネリック薬品だけではなく現在偽物が多く流通しているのが現状です。
調査の結果、通販で購入したものの半分以上が偽物であったという事実もあります。
このように海外のサイトでの購入が、偽物横行の理由の一つにつながっています。
見た目がほぼ同じの為、一見しただけでは見分けがつきません。
しかし、偽物の多くは成分の含有量に違いがあります。
承認されている成分量を全く無視して作られているのです。
全く効果が表れないのはまだ良い方で、中には重篤な状態に陥ってしまった例もたくさんあります。
ネット通販は大変便利です。
しかし健康を守るためにも、きちんと医師から処方を受けて購入する事が大切です。