• ホーム
  • インドのジェネリック医薬品は必要不可欠

インドのジェネリック医薬品は必要不可欠

2019年07月10日
笑顔で眼鏡をかけている男性

皆さんは、海外で製造された医薬品を、個人で輸入することができることをご存知でしょうか。
個人輸入のメリットは、何と言っても医薬品が安く手に入るところです。
さらに、それがジェネリック医薬品であれば、より一層安価になるのです。
中でも、インドで製造されたジェネリック医薬品はその種類も多く、品質が安定していますから、大変人気になっているのです。
ジェネリック医薬品とはどのような医薬品なのかと言うと、市場にはまず、巨額な開発費をかけて製造された先発医薬品が出回ることになります。
また、同じ成分の医薬品を製造しようとしても、その医薬品には特許がかかっていますから、特許料を支払わない限り製造することができないのです。
しかし、その特許権が切れると、特許料を支払わずとも同じ成分の医薬品を製造することができるようになるのです。
この医薬品をジェネリック医薬品と呼んでいるのです。
現在では、多くの人々がインターネットの医薬品個人輸入代行サイトを利用して、安価なジェネリック医薬品を入手しています。
しかし、個人輸入代行サイトを利用する上で必要不可欠なことは、個人輸入という特性を理解して、その決まりを守ることです。
ですから、個人の責任において使用し、他人に分与すること等はできませんので注意してください。